メニュー

犬や猫の感染症 予防薬のレボリューション 把握するフィラリアの症状 通販で買う予防薬

把握するフィラリアの症状

フィラリアは、蚊を媒介し、愛犬の心臓、肺動脈に寄生虫が寄生する事により起きる病気の事です。
犬だけじゃなく、猫にもフィラリアは寄生します。犬フィラリアの成虫は約30cm程まで大きくなる紐状の寄生虫です。
フィラリアに寄生される事により、血流が悪くなり、幅広い障害を発症します。そのまま放置しておけば死に至る事もある為、愛犬にとっては深刻な病気です。
猫の場合は、主に心臓ではなく、肺に障害を発症します。所が、猫の場合は寄生虫の数が極端に少ない為、診断が困難な為、咳や呼吸の異常、嘔吐等の症状が発症した時は既に重体になっている可能性が高いです。健全に見えても突然死亡してしまう事も報告されています。
その為、猫フィラリアの治療法は明確に確立されていません。一番は事前の予防に限ります。

■フィラリアの症状
主な症状としては元気が無い、食欲不振、咳、急に痩せる、呼吸の異常等が挙げられます。
症状がどんどん進行してしまうと、腹部の膨らみ、血尿等となります。但し、フィラリア症は初期の段階では、目立った症状が無い為、見逃してしまう事も御座います。

■予防法
正しい知識を身につけ、予防薬を投与すれば防ぐ事が出来る病気です。予防が出来るのにも関わらず、発症してしまったとなれば、飼い主の重大な責任です。自分の大切な愛犬を病気から守る為に飼い主自身が気を付け、愛犬の事を常に注意深く観察し、愛情を持って毎日接してあげる事が一番です。

予防前には検査の必要があります。既に感染しているのであれば、予防薬を投与する事は逆に危険です。感染後、成虫から生み出されるミクロフィラリアが、体内にいる事を知らないで予防薬を投与してしまった場合、大くのミクロフィラリアが一遍に駆除となる事でショック症状を発症してりまい、酷い場合、死に至る事もあります。薬を投与する際に、寄生していないかどうかを確認する必要があるのはこの為です。